サーモスの保温マグカップを購入しました。シンプルでかわいいのに真空断熱構造でお気に入り

数年前からコーヒーを含め飲み物はタンブラーを使用していたんですが、コーヒーを飲むならやっぱり取っ手が欲しいなと思うようになったので、真空断熱構造でなおかつ取っ手がついているサーモスの保温マグカップを購入しました。

この保温マグカップには240mlのタイプと350mlのタイプがありましたが、いつものように大は小を兼ねるの精神で350mlの方を選びました。

目次

サーモスの保温マグカップの外観

Thermos保温マグの箱箱です。

Thermos保温マグのカップとフタとホルダー

  • カップ:ステンレス
  • ホルダー:ABS樹脂
  • フタ:ポリプロピレン

の3点セットになっています。

カップ・ホルダー・フタとそれぞれ分離する構造になっていて、カップ部分は食洗機にも対応してるので洗い物が楽でいい。

Thermos保温マグの底はラバーになっているホルダーの底部分にはラバー加工がしてあり滑ってカップを倒れないようになっています。

カラーバリエーションが3色展開されていて見た目もかわいい

Thermos保温マグの外観(3色)350mlタイプは

  • エスプレッソ
  • ホワイト
  • ライトブルー

の3色がありカラーバリエーションも楽しめます。ちなみにエスプレッソは濃い目のこげ茶色です。

240mlタイプにはライトピンクもあるので、子供や女性はこっちでもいいかも。

やっぱりコーヒーは取っ手付きで飲みたい

Thermos保温マグ使ってます雰囲気とか気分って大事じゃないですか。

静かな空間でコーヒーの良い香りを感じつつ、取っ手をギュッと持ってズズズーっとコーヒーを飲む。最高です。

サーモスの保温マグカップのちょっと残念なところ

Thermos保温マグのフタは水滴がついてしまうフタです。ご覧のように温かい飲み物を入れてフタをするとめちゃくちゃ水滴がついてしまうんですが

  • フタをしていないとタンブラーよりも冷めやすい
  • けれどフタをすると水滴がついて机がぬれたりしてしまう
  • カップの上に置くだけのフタなので、フタがちょっと邪魔

という感じで、保温性能を最大に活かそうとするとフタは必需品なんですがもうちょっとスマートに扱いたいところ。

まとめ

購入して数ヶ月経ちましたが、もともと使っていたタンブラーの出番がまったくなくなってしまうほど愛用して手放せないアイテムの一つになったサーモスの保温マグ。

シンプルでかわいいデザインも毎日使いたくなるアイテムです。

[amazon asin=”B01JY0G0FK” title=”サーモス 保温マグカップ 350ml エスプレッソ JDC-351ESP” kw=”サーモス 保温マグカップ 350ml エスプレッソ JDC-351ESP”]
[amazon asin=”B01JY0G0MI” title=”サーモス 保温マグカップ 350ml ホワイト JDC-351WH” kw=”サーモス 保温マグカップ 350ml ホワイト JDC-351WH”]
[amazon asin=”B01JYVN1QA” title=”サーモス 保温マグカップ 350ml ライトブルー JDC-351LB” kw=”サーモス 保温マグカップ 350ml ライトブルー JDC-351LB”]

あわせて読みたい
2018年に買ってよかったもの13選
2018年に買ってよかったもの13選今年はちょっとした心境の変化からQOLが向上しそうなものを積極的に購入しました。具体的には以下のような商品です。買い替え、導入した事によって効率が上がったもの使...
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

兵庫県在住。1984年生まれ。一度きりの人生を楽しく過ごすために好きな事を好きとアウトプットするブログ「beelog.me」を運営しています。ガジェット・音楽・お出かけ・おいしいご飯が好きです。最近は写真や動画を撮るのが好きなので思い切ってα7III買いました。記事はこちら:https://beelog.me/sony-alpha7

コメント

コメントを残す

目次
閉じる