XposedがAndroid Nougat(7.0/7.1.x)に対応したので導入方法や使い方を解説!

Xposed nougatようやくAndroid 7.0 / 7.1.x (Nougat)に対応したXposedフレームワークとXposedインストーラーが公式で公開されました!

さっそく試してみたので、Xposedの導入方法や使い方をご紹介します。

注意

Xposedはroot化が必須のハックツールです。
可能性は低いと思いますがブートループに陥る可能性があるため、導入前にはバックアップを。
そして、ブートループから脱出する知識は持っておきましょう。

Xposedのおすすめモジュールをまとめてみました。

目次

Xposedとは

様々な機能を簡単に追加できる仕組みをAndroid端末に実装するツールの名称です。

そのXposedの仕組みとして必須なのが以下の2つ

  • Xposed Installer(インストーラー)
  • Module(モジュール)

Xposed Installer(インストーラー)とは

Xposedの機能を有効化する為に必要な、Freamwork(フレームワーク)をインストールする為のアプリであり、同時にモジュールの有効/無効を管理するXposedの要となるアプリのことです。

Module(モジュール)とは

先程のXposed InstallerやFreamworkをインストールしてもそれらだけでは、なんの機能もありません。
Module(モジュール)と呼ばれる様々なアプリをインストールすることで自分が必要とする機能のみをインストールする事が可能になっています。

例えば
  • ステータスバーを改変するモジュール
  • ナビバーを改変するモジュール
  • Chromeにパイ機能を追加するモジュール


などなど

様々な機能を追加するモジュールが存在するので、必要なものだけを選んでインストールすることができます。

Xposedの導入方法

Mashmallowの時に比べると簡単に導入できるようになりました。

まずはXDAからXposedのインストーラーをインストール。

XposedInstaller_3.12.apk

Xposed nougat 01何か理由がない限りは、最新版のフレームワークを選択しておけば問題はないので現時点での最新版「Version 88.1」を選択。

Xposed nougat 02Installを押すとフレームワークのダウンロードが開始され、自動的にインストーラーが立ち上がり完了まで眺めていましょう。

完了したら再起動を選択するだけの簡単なお仕事。

Xposed nougat 03
再起動後にアプリを立ち上げると無事にインストールが完了しているのが、一目でわかりますね。

インストーラーからフレームワークをインストールできるようになったので、めっちゃ簡単。

Xposedの設定や使い方

モジュール

現在インストールされているモジュールの管理ができます。

Xposed nougat 04右側にあるチェックボックスで各モジュールの有効/無効を切り替えたり、アプリのリストを長押しするとアンインストールすることも可能です。

ダウンロード

モジュールのダウンロードができます。

Xposed nougat 05モジュールの数はとても多いので一覧から探すのは諦めて、検索しましょう。

この他に野良モジュールも存在するので、探してみると希望のモジュールがみつかるかもしれません。

まとめ

基本的な導入方法や使い方は以上です。

一昔前まではシステム領域やアプリなどを改変する場合、カスタムROMを導入したり改変したアプリをインストールする必要がありましたが、Xposedを導入することでお手軽にシステム領域を改変することができます。

あわせて読みたい
【2017年版】Androidのroot取得後に入れたいおすすめ要rootアプリ
【2017年版】Androidのroot取得後に入れたいおすすめ要rootアプリ前回ご紹介したAndroidアプリまとめの次は要rootアプリのご紹介をしたいと思います。※端末、Androidのバージョンによっては使えないアプリもありますのでご了承を。※要r...
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

兵庫県在住。1984年生まれ。一度きりの人生を楽しく過ごすために好きな事を好きとアウトプットするブログ「beelog.me」を運営しています。ガジェット・音楽・お出かけ・おいしいご飯が好きです。最近は写真や動画を撮るのが好きなので思い切ってα7III買いました。記事はこちら:https://beelog.me/sony-alpha7

コメント

コメントを残す

目次
閉じる